フォト
無料ブログはココログ

« ロシア旅行記【サンクトペテルブルグ⑤血の上の教会】 | トップページ | ロシア旅行記【エルミタージュ美術館②本館の絵画】 »

2017年3月 7日 (火)

ロシア旅行記【エルミタージュ美術館①本館の内装】

世界4大美術館のひとつエルミタージュ美術館。

  世界4大美術館とは、

  パリのルーブル美術館、NYのメトロポリタン美術館、台北の故宮博物館

  そして、サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館。

  大英博物館とプラド美術館がはいる場合もある。

エルミタージュ美術館は、

1754年ピョートル大帝の娘エリザベータによって建設が始まる。

1762年に即位したエカテリーナ2世によって、数々の美術品が収集された。

絵画や美術品も素晴らしいが、豪華絢爛な内装や調度品も見逃せない。

白銀に覆われたエルミタージュ美術館。

まるで18世紀にタイムスリップしたような光景だshine

.

↓エルミタージュ美術館本館とアレクサンドルの円柱

P1090227

P1090205

.

↓見学のスタート地点 大理石の「大使の階段」

P1090143

↓通路にもこんな豪華なシャンデリアが・・・

P1090150

P1090160

P1090171

↓玉座の間 皇帝が公式レセプションを行ったホール

P1090193

↓赤のベルベットに金糸で刺繍された双頭の鷲の紋章

P1090198_2

↓イタリア天窓の間

P1090180

↓パヴィリオンの間にある黄金孔雀の仕掛け時計

P1090148

ロマノフ王朝時代の皇帝の住まいだったエルミタージュ美術館。

他の美術館や博物館との大きな違いは宮殿そのものが美術館ということ。

豪華な内装の中に、数々の傑作が展示されている最高に贅沢なギャラリー。

次回は絵画の紹介です。

                                             つづく

« ロシア旅行記【サンクトペテルブルグ⑤血の上の教会】 | トップページ | ロシア旅行記【エルミタージュ美術館②本館の絵画】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394583/69842331

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア旅行記【エルミタージュ美術館①本館の内装】:

« ロシア旅行記【サンクトペテルブルグ⑤血の上の教会】 | トップページ | ロシア旅行記【エルミタージュ美術館②本館の絵画】 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック