フォト
無料ブログはココログ

« ロシア旅行記【エルミタージュ美術館③別館(1)】 | トップページ | ロシア旅行記【最終日】 »

2017年3月19日 (日)

ロシア旅行記【エルミタージュ美術館④別館(2)】

20世紀を代表する画家、ピカソとマティス。

エルミタージュには、そのたくさんの作品の中でも秀作がコレクションされているという。

.

パブロ・ピカソ 1881-1973

1904年以降、暗い青を主調として社会の裏側に住む貧しい人々を描くようになる。

「青の時代」である。

P1090253

もともとの形を破壊することによって創り上げていく画法、「キュビズム」

P1090255

ピカソは30点以上の作品がある。

.

アンリ・マティス 1869-1954

37点もの作品が収蔵されている。

その中でも特に有名なのが「ダンス」と「ミュージック」。

P1090258

↓「ダンス」 1910年

 人生と躍動という概念に結びつく象徴的な作品だそう。

 P1090256

↓「家族の肖像」 1911年

P1090260

ロシアに来て、一番楽しみにしていた料理「ボルシチ」restaurant

やっぱり期待どうりおいし~いhappy01

↓サラダ、ボルシチ、チキン料理、アイスクリーム

P1090122 P1090123

P1090124 P1090125

                                          つづく

« ロシア旅行記【エルミタージュ美術館③別館(1)】 | トップページ | ロシア旅行記【最終日】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394583/69979716

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア旅行記【エルミタージュ美術館④別館(2)】:

« ロシア旅行記【エルミタージュ美術館③別館(1)】 | トップページ | ロシア旅行記【最終日】 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック