フォト
無料ブログはココログ

« イングランド紀行⑩(コッツウォルズ地方~3) | トップページ | イングランド紀行⑫(ロンドン~1) »

2016年7月31日 (日)

イングランド紀行⑪(オックスフォード)

オックスフォードは伝統的な名門大学が集まる街、

なんと、その数40近くあるそうです。

ちなみに、オックスフォード大学という名のカレッジは存在しません。

P1070948_2

大学の街といっても、花や緑がいっぱいでとっても素敵なんですheart

.

数ある中でも最大規模のクライストチャーチカレッジ、

クライストチャーチって教会かと思っていたら、大聖堂のある大学だったんですね。

元首相のサッチャーやキャメロンなど、多くの著名人を輩出しています。

学内のグレートホールと呼ばれる大食堂は、

映画「ハリー・ポッター」の魔法の学校として撮影に使われました。

内部も観光できるので、すごい人が並んでいます。

↓クライストチャーチカレッジ

 
P1070952

P1070960

P1070966こんな路地裏を通って・・・

聖メアリー教会へ

  P1070987_2

↓聖メアリー教会

P1070973 

↓聖メアリー教会のすぐ下にあるラドクリフカメラ、

 カメラとはラテン語で部屋のこと。17世紀に図書館として建てられました。

 P1070984

↓ここはどこかな? 人が集まっているので入ってみました。

P1070988

中はスクエアの中庭になっていて、このカレッジの創設にかかわった方の像が。

    P1070991  P1070990

↓皇太子様が留学されたというマートンカレッジの裏側

P1070970

↓こちらは、雅子さまが外務省職員時代、研修留学されていたベリオールカレッジ

P1080002

↓建物と建物をつなぐ橋、地震がないから残っているんですね。

  これもハートフォードカレッジという大学だったんですね。

P1070995_2

↓なんていう教会かわからないのですが・・・

 ビクトリア調の荘厳な入口を入ると・・・素敵な雰囲気note

P1070980 P1070977_2

なかでは、なんかの予行演習みたいなの・・・やってた。

明日、「不思議の国のアリス」のフェスティバルがあるそうだから、

多分それね!

「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロルはクライストチャーチ卒だそう。

P1070976

どこに行っても、中国からの観光客が多いです。

彼らの多くは家族で来ています。幼い子供も一緒です。

日本人の場合は、カップルか友人と一緒というのが多い。

つくづく思うのですが・・・

幼い時にこんな素晴らしい環境のカレッジタウンを見せたら、

将来何人かはここに留学するんでしょうね。

少なくとも、そうなることを目指して頑張るでしょうね。

う~ん・・・60年代の日本を思い出すなあ・・・

.

オックスフォードを後にして、ロンドンに向かいます。      (つづく)

« イングランド紀行⑩(コッツウォルズ地方~3) | トップページ | イングランド紀行⑫(ロンドン~1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1394583/66770774

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド紀行⑪(オックスフォード):

« イングランド紀行⑩(コッツウォルズ地方~3) | トップページ | イングランド紀行⑫(ロンドン~1) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック